南区寺脇町に田んぼアートが出現。

浜松市南区寺脇町に「白脇田んぼアートの会」さんが主催・制作した「とぴあファミリー」の田んぼアートが出現しています。

櫓に登って撮影できます

9月3日から公開され、9月中公開を予定されています。天気の良い日はより鮮やかなアートが観覧できます。

6品種の稲を組み合わせて色を出す

赤米、モチ、ピンク米、葵美人、ヒヨクモチ、紫黒米など6種類の稲を組み合わせて品種を変えて色を出しています。約2400平米の水田に稲が育っています。

前年のまる子ちゃんの図案で説明いただきました

山内正弘会長に図案の制作のお話をおうかがいしています。昨年のちびまる子ちゃんの図案です。稲の品種をどこに入れるかどう育って、どう色がついていくか、緻密に計算されるそうです。稲を植える日も、稲の育ちの速さを計算して、段階を踏んで何回かに分け、田植えをされるそうです。全品種の田植えを終えるまでには約一ヶ月はかかるそうです。

今年の図案です

今年はJAとぴあさんと協力されて仲良しファミリー「とぴあファミリー」の図案に。

櫓に登って見渡せます

櫓が組んであるので進んでいきます。足場に気をつけてゆっくり登ってくださいね。ちょっと急な階段なので一段一段ゆっくり柵を掴みながら登ります。滑りにくい運動靴でお出かけされることをお勧めします。

テントの中ではお米や、さつまいも、玉ねぎ、なども購入できます

白脇田んぼアートの会の皆さん。地元の農産物なども並んでいます。購入もできますよ。皆さん気さくに話しかけてくれました。快くたくさんの説明をしていただきました。笑いがあふれています。お米や、さつまいも、玉ねぎ、なども並んでいます。

今年で15年目2011年から始まりました

2011年から始まった白脇田んぼアートの会の田んぼアート。最初は地域興しのために始めたそうです。地域活性化向上事業としての取り組みだったそうです。田んぼアートの過去の作品が写真で展示されています。

収穫したお米や特産物も販売

収穫されたお米の販売もされています。次々とお客さんが立ち寄られて生産物が買われて行かれました。テントの中で、休憩もできるので座って田んぼアートの会の皆さんと気楽にお話をされてみてはいかがでしょうか。楽しい時間が過ごせますよ。



9月末頃まで開催されています。よく晴れた日に緑眩しい田んぼアートの見学に行かれてはいかがでしょうか。
浜松市南区寺脇町地区 田んぼアート会場
観覧無料
駐車場あり
主催:白脇田んぼアートの会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

注目記事

  1. オレオレ!詐欺に注意。非通知電話には(絶対)出ない!!

  2. ★浜松こども塾プロジェクト★ 『浜松東ロータリークラブカップ アンダー8フットサル大会』結果報告

  3. 黄色信号は止まりましょう!の合図です。 交通事故撲滅!!

  4. HHロータリークラブ・浜松中央警察署 年末防犯・交通特別警戒出発式  

アーカイブカレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

フォローする

ページ上部へ戻る