家康の散歩道(シリーズ6/15)家康公鎧掛松

市役所の西側にある「鎧掛松」。この松は三方ヶ原合戦に負け、浜松城に逃げ帰った家康公が、鎧を脱いでその松に欠けたと言われていることからその名がつけられました。現在の松は3代目にあたり、初代の松は浜松城内の堀の近くにあったと言われています。また、当時鎧掛松近くの清水で、合戦に疲れた馬のからだを冷やしたことから、松城町に馬冷(うまびやし)という地名が今も残っています。

00000 00002 00003 00000123%e5%85%b1%e9%80%9a

 

(参考/浜松観光コンベンションビューロー)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

注目記事

  1. 交通事故を減らすのじゃ!信号が黄色になったら止まりましょう!

  2. 浜松ハーモニーロータリークラブ/浜松中央警察署 、防犯交通安全出発式2018.12.5 

  3. ピカッと作戦!夕暮れの交通事故をなくそう!飲酒運転禁止!!

  4. オレオレ!詐欺に注意。電話は一度切って友人、交番に相談を!!

アーカイブカレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

フォローする

ページ上部へ戻る