昭和の大作曲家 古関裕而の妻「内山金子とその時代」展

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月14日(火)から臨時休館しておりましたが、5月26日(火)より開館します。
「内山金子とその時代展」は(中央図書館2階展示コーナー)6月23日まで延長し展示いたします。 〔2020年5月16日追記〕

 

古関裕而さんは、「鐘の鳴る丘」「オリンピック・マーチ」など、5,000曲も作曲した日本を代表する偉大な作曲家です。その妻となった内山金子さんは、豊橋(当時は高師村)で生まれ育ち、音楽と文学を愛する先進的な考えを持った女性でした。

今年の3月30日にスタートした豊橋が舞台となるNHK連続テレビ小説「エール」では、金子さんはヒロインのモデルとなりました。

中央図書館では、金子さんの生涯、金子さんが生きた時代の豊橋を紹介します。

 

日程:2020年4月4日(土)〜6月23日(火)

場所:豊橋市中央図書館2階展示コーナー

料金:無料

 

お問い合わせ

豊橋市中央図書館

TEL.0532-31-3131

http://www.library.toyohashi.aichi.jp

 

ほの国めぐりHPより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

注目記事

  1. ★浜松こども塾プロジェクト★ 『浜松東ロータリークラブカップ アンダー8フットサル大会』結果報告

  2. 国際ロータリー 第2620地区 2019-20ガバナー事務所 インフォメーション

  3. 交通事故を減らすのじゃ!信号が黄色になったら止まりましょう!

  4. 浜松ハーモニーロータリークラブ・浜松中央警察署 年末防犯・交通特別警戒出発式  

  5. オレオレ!詐欺に注意。電話は一度切って友人、交番に相談を!!

アーカイブカレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

フォローする

ページ上部へ戻る