浜松楽器職人名鑑  酢山義則(ハーモニカ)   vol-32

昭和22年創業。家族5人で仕事をして全員職人。娘さん2人が絶対音感保持。創作2人、販売1人、運営管理1人、企画考案1人で工房従事。昭和20~30年頃は浜松市内で15社のハーモニカ会社があったが、学校でハーモニカをやらなくなり、また、鍵盤ハーモニカの売り上げが伸びるのと同時にハーモニカの台数は減少。ハーモニカ産業減少の中、楽器部品の下請け会社をやりつつも、ハーモニカの根を絶やさないように小さな規模でハーモニカを作り続けてきた。14年前発想の転換により、「音楽の町浜松で作られたハーモニカ」として観光業に売り出した。発想の転換により楽器店販売を変更し、土産として売り始めたことにより新展開。工房では職人が音を作っている。土産の産業展開してからは、ハーモニカ工場を介護施設に変えてお年寄りにハーモニカを弾く場所を提供。職人が1本1本丁寧に作ったハーモニカは1年で1万本以上の売り上げを誇る。

  syouwagakki2

 

酢山義則談/職人が作ったハーモニカであるからこそ、一つ一つ個性のあるハーモニカを作りたいです。電子楽器のように作られた楽器とは違い、ハーモニカは「情の音」です。お客さんの年齢や経験に合わせた楽器を作るのを心がけています。お客さんに喜んでもらうことが一番嬉しいです。私の父は小さい頃から私に、楽器作りを見せるということをしていました。決して楽器を作らせようとしたり、教えたりはしませんでした。見て、真似することから職人は始まるのです。後継者については難しい問題ですが、私の孫たちに今父と同じように楽器作りを見せています。

http://www.syowagakki.co.jp/

資料提供/一般社団法人グローバル人財サポート浜松

http://www.globaljinzai.or.jp/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

注目記事

  1. 交通事故を減らすのじゃ!信号が黄色になったら止まりましょう!

  2. 浜松ハーモニーロータリークラブ・浜松中央警察署 年末防犯・交通特別警戒出発式  

  3. ピカッと作戦!夕暮れの交通事故をなくそう!飲酒運転禁止!!

  4. オレオレ!詐欺に注意。電話は一度切って友人、交番に相談を!!

アーカイブカレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

フォローする

ページ上部へ戻る