浜松楽器職人名鑑  丸山好洋/嶋倉了(ピアノ)vol-19

師匠と弟子、丸山さんと嶋倉さん。丸山さんはかつてショパンコンクールで調律を任された経歴の持ち主で平成4年度には楽器部門で「静岡県の名工」選ばれる。御年80を超える現役ピアノ調律師。一方、弟子の嶋倉さんは京都出身で、ピアノのまちで調律をするために来浜。

どうして浜松でピアノの調律をやろうと思ったのですか? 』

嶋倉:浜松はピアノ聖地、調律師なら浜松でと、この工房の門を叩きました。また、丸山さんの隣で仕事をするのが夢でした。今こうして師匠の隣で調律ができることが本当に幸せです。

『ピアノの調律に絶対音感は必要なのですか? 』

丸山/嶋倉:調律に絶対音感はまったく必要ありません。逆に絶対音感で調律をしたらダメなんです。ちゃんと音をきいて、経験がモノを言う仕事です。

『仕事の中で心掛けていることはなんですか?』

丸山/嶋倉:10人のうち6,7人が満足するピアノを目指しています。10人中10人はムリなので6,7割が目安ですね。また、自分が満足するのではなく弾き手が満足するものがつくれて初めて一人前になれると考えています。

『仕事をしていてうれしかったことはありますか?』

丸山/嶋倉:弾き手のことを考えてつくっているときにお客さんが見に来てくれるときはうれしいですね。

『ありがとうございました。これからもがんばってください。』

doremigakki2

http://www.doremipiano.co.jp/

資料提供/一般社団法人グローバル人財サポート浜松

http://www.globaljinzai.or.jp/index.html

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. オトナ女子が喜ぶ、ホテルビュッフェ! ジューシーなアメリカンビーフステーキ

    優雅なつもりが足早に… ロチェスターはグランドホテル浜松の12階にあるので、窓からの景色が広く開放…
  2. オトナ女子が味わう、ホテルビュッフェ! ひと口サイズのフィリーチーズステーキサンド

    “ワタシ流のコース料理”を組み立てる前に… ビュッフェスタイルのレストランは、好きなものを少しずつ…
  3. オトナ女子が愉しむ、ホテルビュッフェ! ほっこりクラムチャウダー

    ロチェスターって知ってる? ランチビュッフェと言われても、それほど惹かれるわけじゃないのが本音。賑…

注目記事

  1. 浜松ハーモニーロータリークラブ/浜松中央警察署 、防犯交通安全出発式2018.12.5 

  2. ピカッと作戦!夕暮れの交通事故をなくそう!飲酒運転禁止!!

  3. オレオレ!詐欺に注意。電話は一度切って友人、交番に相談を!!

アーカイブカレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿

ページ上部へ戻る