四ツ池公園 幕末開墾事業の申し子か?市民の憩いの場。

浜松市中区幸にある四ツ池公園。市営グランド競技場、野球場の南側に位置し今後は大型公園としての一体化整備が期待される。現在では市民の憩いの場で散歩ジョギング、釣り、植物観察、野鳥観察で人気のメッカ。もともと池が4つあったわけではなく幕末浜松藩の頃財政が苦しい時代にあって家臣岡村義理が和地村、島之郷の原野を開拓するに水資源が必要として谷間などをせき止めして池をつくったのが始まりとされている。皆さんの地域にも山々の谷間に小さな池などのせき止めがある場合はそのような理由も考えられます。一度近隣の長老に聞いてはいかが?(役所に聞くのが早いとは思いますが、、、)

 

11111 11112 11113 11114 11115 11116 11117 11118 11119 11120 11121 11123 11124

(詳細は公園管理事務所まで)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

注目記事

  1. 交通事故を減らすのじゃ!信号が黄色になったら止まりましょう!

  2. 浜松ハーモニーロータリークラブ/浜松中央警察署 、防犯交通安全出発式2018.12.5 

  3. ピカッと作戦!夕暮れの交通事故をなくそう!飲酒運転禁止!!

  4. オレオレ!詐欺に注意。電話は一度切って友人、交番に相談を!!

アーカイブカレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

フォローする

ページ上部へ戻る