清崎百万遍念仏

元弘元年からはじまり、明治23年に復活した念仏講が今も行われています。
清崎の百万遍念仏は、一同が外陣に輪をつくって座り、大数珠を右に回しながら鉦の拍子で「南無阿彌陀仏」と念仏の唱和をします。
百万もの念仏を唱えるのは大変ですね。
これは、略法草修と呼ばれる百万遍で、数珠の一顆を繰るごとに一回の念仏を唱えたことになるとされています。
大数珠の顆の数に講員数を乗じた数が、念仏を唱えた回数ということで、講員20人、1,080顆の大数珠で46回まわすことで百万遍となるのです。

日程:2019年9月5日(木)

場所:清崎毘沙門堂(設楽町清崎字小野19)

 

お問い合わせ

TEL.0536-62-1000(設楽町観光協会)

https://www.kankoshitara.jp/event/detail/19/

 

ほの国めぐりHPより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

注目記事

  1. ★浜松こども塾プロジェクト★ 『浜松東ロータリークラブカップ アンダー8フットサル大会』結果報告

  2. 国際ロータリー 第2620地区 2019-20ガバナー事務所 インフォメーション

  3. 交通事故を減らすのじゃ!信号が黄色になったら止まりましょう!

  4. 浜松ハーモニーロータリークラブ・浜松中央警察署 年末防犯・交通特別警戒出発式  

  5. オレオレ!詐欺に注意。電話は一度切って友人、交番に相談を!!

アーカイブカレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

フォローする

ページ上部へ戻る